• トップ
  • 人工木 vs 天然木 はどっちがいいの?

人工木 vs 天然木 はどっちがいいの?

人工木 vs 天然木 はどっちがいいの?

JJ PROHOME(ジェイジェイプロホーム)でも天然木ラティスや人工木のウッドデッキなど、沢山の天然木と人工木を使用した エクステリア商品・ガーデニング商材を販売しておりますが、果たして天然木と人工木はどちらが優れているのでしょうか。
天然木、人工木には沢山の種類があり一概に比較する事はできませんが、ここでは、天然木と人工木の代表的な性能面・機能面だけを比較してみましたのでご購入時にアドバイスとしてご活用下さい。

※下記は当社が独自で調査したものです。参考資料としてご活用下さい。
※使用する環境等によっては大きく異なる場合がございます。

人工木 天然木
腐食性 防腐処理を施さなくとも腐食しにくい 定期的に防虫加工、防腐処理が必要
質感 天然木に近づけるような研究がされておりますが、やはり天然木のような滑らかさは欠けます。 自然な滑らかさと美しさがあり、温かみある質感が一番の魅力です。
加工性 一般的な工具で加工が可能です。また、薄い幕板などは曲げて施工することも可能です。 カットや穴開けも可能ですが、天然木によって硬く、専用工具が必要な場合もあります。また、曲げ加工などには向いていません。
伸縮性 日当たり、雨、湿度、熱によって伸縮する 湿度によって伸縮する
色褪せ/色合い 多少の色褪せ色落ちはありますが、大きな変化はありません。 天然木の変化を楽しむ方もいますが、必ず色落ち、色褪せが発生します。
塗装 塗料がのりにくいので、あまり推奨しておりません。 お好きな色に塗装が可能です。
割れ・ささくれ ささくれ、ひび割れはほとんどありません。 数年後にはささくれ、ひび割れが発生します。
お手入れ 簡単なお手入れで十分です。 防腐処理、防虫処理や塗料塗布など定期的な処理が必要です。
価格 割高だがメンテナンスが必要ない為、コストパフォーマンスが良い 割安だが、定期的なメンテナンスが必要

結論!

  • お手入れ・メンテナンスを出来るだけ避けるなら人工木
  • お好きな色に塗装したいのなら天然木
  • 風合いや色合いが楽しめるウッドデッキやラティスフェンスを作る(DIYする)なら天然木。
  • お値段重視なら天然木!
  • 長く使うなら人工木

人工木・天然木どちらにも良い点・悪い点はあります。
皆さんはどちらを選びますか?

 

JJ PROHOME(ジェイジェイプロホーム)の人工木・天然木の商品は下記にてご案内を行っております。

※掲載の当社が独自で調査したものです。参考資料としてご活用下さい。